とまるの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS ドイツ一人旅 13日目(2)

<<   作成日時 : 2017/06/26 11:50   >>

ナイス ブログ気持玉 48 / トラックバック 0 / コメント 18

前日に城壁の上から、これは何やろう?って思ったお家 

ゲルラッハ鍛冶屋です

50年前ぐらいまで鍛冶屋が営まれていた木骨組み切り妻建築の家屋

中には入れないので外観を撮りました


画像




画像




画像




画像




画像




画像






アルター・シュタットグラーベン通りにある

ここはアルト・ローテンブルクの職人の家です

1270年建設の家の中に元通りに調度の置かれた11の部屋があり

中世に職人が大家族とともに生活し働いていたか示されています

裏庭もありました 


画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像




画像





色んな職人さんたちと家族が住んでいたんですね

(3)へつづく。。。 




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 48
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
探究心旺盛ですね。
ゲルラッハ鍛冶屋さんの外観でしたか。
職人の家も中世に家族とともに暮らしていたところなんですか。
日本の同時代とは比べものにならず、豊かな暮らしだったことが窺えますね。
トンキチ
2017/06/26 14:01
中世の人がひょっこり出てきそうに、
そのまんまな お部屋なんですね。
キッチンの様子も、興味深いですね。
井戸(?)までお洒落〜(笑)
ふーう
2017/06/26 14:17
生活感が感じられて良いですねぇ。。
住んでみたいです~~
ballomam
2017/06/26 14:59
トンキチさん

ドイツに初めて行ったときのツアーで日本語で書かれた巡回コース付きの市街地図をもらったんです
でも、その時に活用出来なくて置いてたんですね

ホテルでもらったものと見比べたりしながら歩けるだけ歩いてみようと思っていました
かなりリベンジ感はありますが。。。スムーズにこなせないので、まだまだですね(笑)
とまる
2017/06/26 21:49
ふーうさん

ひょっこり出てきても違和感ないですよね
生活感が感じられて、なかなか興味深い家でした

井戸も良い感じですよねぇ〜
地下収納もあるのかなぁ〜
日本語の説明がないので想像するしかありません
でも楽しかったです

とまる
2017/06/26 21:56
Ballomamさん

生活感が感じられますよね
毎日が活気に溢れてたんじゃないでしょうか

同感です
私も住んでみたいです(笑)
とまる
2017/06/26 22:01
こんばんは〜
ゲルラッハ鍛冶屋・・
屋根のカーブが印象的な建物で、
看板も目を引きます。
800年以上も前の生活風景ですか
現在も使っていますと、
言われても違和感ありませんね。
私の知っている鍛冶屋町で有名な三木市の
鍛冶屋さんとは全く印象が変わります。
つむぎ
2017/06/26 22:17
アルト・ローテンブルクの職人さんの
家 可愛い外観とは 反対に 活気
溢れる 生活をされていた様子が
凄く伝わってきます。
賑やかに 楽しく暮らしていたんでしょうね。
フラバーバ
2017/06/26 22:38
つむぎさん

おはようございます

本当に日本とは建物も生活様式も全然違いますよね
とっても興味深く思います
職人さんの家は、生活感が感じられて、このまま生活できそうですよねぇ〜

三木市の鍛冶屋町ですか
どんなところだろう
時間のあるときに検索してみます
情報ありがとうございます
とまる
2017/06/27 10:23
フラバーバさん

目を閉じたらパタパタと足音がして、歌やおしゃべりが聞こえてきそうな感じですよね
活気に溢れてたんじゃないでしょうか

外から見るよりも広く思いました
沢山のものが、そのまま保存されてるって素敵ですよね
裏庭まであって、素敵なお家でした
とまる
2017/06/27 10:31
こんにちは。

鍛冶屋です。
素敵な外観ですね。
中には入れないんですか。
職人さんの家も素晴らしいですね。
トトパパ
2017/06/27 10:39
トトパパさん

こんにちは

中には普通に人が住んでるみたいですから、入れません
私がお邪魔してるブログの方が城壁から見てるときに住まれてる方が窓から手を振ってくれたそうです

有名な家に住むと色んな人に写真を撮られるんですよね
大変なのか?誇らしく暮らしておられるのか?でしょうね(笑)

職人さんの家は興味深く拝見しました
ドイツの家に住んでみたいです(笑)
とまる
2017/06/27 16:03
雨が上がって、じっくりとローテンブルクを見て回ることが出来て良かったですね。
台湾旅行では、雨に降られました。
今回のドイツ旅行は天候に恵まれると良いのですが・・・
OZMA
2017/06/27 20:46
OZMAさん

いちよ、折り畳み傘は持っていきましたが。。。
有難いことにハンブルクで少しとツェレで少し使っただけだったと思います

お天気に恵まれることを願ってます
そして素敵なドイツの旅になりますように。。。
とまる
2017/06/27 21:30
気になる建物でしたが,想像以上に素晴らしいですね。
中世の生活の様子がそっくりそのまま残っているって感じですね。時間が止まったような。もう使われなくなっているというのは残念な気もしますが仕方ないですよね。
たろにゃん
2017/06/27 22:17
たろにゃんさん

鍛冶屋さんには普通に人が住んでるみたいです
建物の外観は保持してるんでしょうね

古い職人の家もちょっとリフォームすれば問題なく住めるんでしょうね
だけど、博物館のように、昔の様子が解るように街で管理してるのでしょう
家の中が、そのまま保存されるって凄いですよね
とまる
2017/06/28 03:58
わぁ〜〜この職人さんの家、懐かしいわぁ(#^.^#)
私、この家は、お気に入りの一つでした。
お金持ちの人の家って、よくあるけど、職人さんの家、こんな庶民の家って、あまり無いと思いませんか?? だから、すっごく興味深かったです。
らも
2017/07/02 16:39
らもさん

はい、とっても興味深かったです
色んな職人さんたちが一つ屋根の下で賑やかに暮らしてたんでしょうね
想像しながら見てると楽しくてしょうがなかったです
とまる
2017/07/02 21:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドイツ一人旅 13日目(2) とまるの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる